最小構成の組織について

景気の良くないニュースばかり聞こえてくるこの頃でございますが、皆様如何お過ごしでございましょうか。ご多分に漏れずそういうキーワードがあちらこちらから耳に入ってくるわけです。
不景気なキーワードと言えば思い出すのが、最初の職場で私を仕込んでくれた師匠のうちのお一方が吐いた台詞。

電気消すより役に立たんオヤジの一人でも消した方が、よっぽど効果あるわ。

誠にごもっとも。諸手を挙げて賛成です。
が、往々にして、そう言われる人々は「既得権」の安全圏に居るわけで、標的にされるのは現場の下々と相場は決まっています。
ここで腕に確かな覚えと、十分な預金残高があれば威勢の良い啖呵が切れると言うものです(備えあれば憂いなし!)
ですが、問題はその後-残される側の話。
F.Brooks の法則(というか呪い?)が指摘するとおり、人の教育にはリソースが必要で、その期間中は生産性がマイナス方向に変化する訳です。この事を頭に入れた上で、次の状況を考えてみます。
1)組織を「最小構成」にまでリストラする
  つまり、全員が100%近い稼働率でなんとか仕事を回せる状態にまで人を減らす。
2)「余計な出費」、特に残業代・外注費は罷り成らんというお達しが、「その筋」より発せられる。
3)この状態で、何かのプラス方向の変化、つまり仕事が増える方向の変化が発生する。
  例えば、営業部門が必死の努力で新ネタを拾ってきた。
さて、この状態。経験のある現場担当者なら背筋に冷たい物が走る-走って然るべき状況です。
既に稼働率は100%近く。外だしも要員補充も罷り成らんどころか、そのためのオーバーヘッドすら吸収する余地がない。つまり、要員構成としては「手詰まり」な状況です。
これでマネージャーに何をしろと??
ここで、現場マネージャーが打てる手は…
無償の残業(サービス残業、或いは「パケ放題」な管理職を残業させる)により、なんとか仕事をこなすぐらいです。
前者は士気を完膚無きまでに地に落とし(そして訴訟リスクを背負い)、後者は組織としての『学習』が無いままに-つまり組織としての未来を得ること無しに-それぞれ前に進むだけです。そして、彼らが燃え尽きて去っていった後には、ペンペン草一つ生えない、不毛の荒野が残るだけ。
確かに、明日のビフテキより今日の掛蕎麦。それは否定する気はありません。しかし、一所懸命働いているスタッフに夢の一つも見せられない、「今日のメシが食えるだけシアワセと思え」な職場。首切りが怖くて残っているヤツばかりの職場(=腕に覚えのあるヤツはさっさと自分の意志で去っていく)
それってどうなのよ、そんな組織で本当にいいの??と言いたくなる今日この頃だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree