XP上のVSTOが動かない時

XP上のVSTOが動かなくて困るときがあります。
[セキュリティセンター]→[アドイン]を見ても、「アクティブでないアプリケーションアドイン」に表示されているだけで、追加してやろうとしても読込エラーになってしまいます。
で、困ったことに、現象の出るマシンと出ないマシンがあり、Vistaでは全く問題なく動いたりします。
この現象は、VISIOを入れた後に.NET Frameworkを入れると、発生します。逆に、.NET Frameworkを入れた後にVISIOを入れると、すんなり動きます。
XP の出荷時状態では、.NET Framework 2.0 は入っていませんし、.NET Framework 2.0 がないと、VSTO は動きません。そんなわけで、.NET Framework 2.0 が入っていない状態で VISIO をインストールすると、環境条件が整っていないので、VSTOのサポートが(デフォルトで)無効になってしまいます。逆に、.NET Framework 2.0 が入っている環境では、(デフォルトで)有効になります。
で、この現象を直すには、何も再インストールをする必要は無く、「アプリケーションの追加と削除」から「変更」を選んで、「機能の追加と削除」で、「.NET プログラミング サポート」をONにしてあげればよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree