言うのは簡単

中日がリーグ優勝を経ずに日本一になったわけです。
「日本一」は嬉しいわけですが、リーグ優勝を経ないという「注釈付き」というのが若干気に入らないわけですが、そういう話題ではなく。
最終戦、完全試合ペースから9回に岩瀬に交代の是非をめぐって、あちこちで百家争鳴の大騒ぎとなっているわけで、その話題です。
かたや「日本シリーズでの完全試合」という、とてつもない大記録を見てみたいというのは、その通りです。それに完全試合というのはとてつもない重圧です-実は、先ほどもとある野球ゲームで9回2死で完全試合が途切れて怒りのリセットボタンとなったわけですが、それはさておき。
こなた「53年ぶりの日本一」という、これまた重圧がかかっているわけです-あたしゃ未だ生まれてもいませんよ。ここで負けて雪崩の連敗、日本一を逃したとしたら、もう生きて栄を歩ける事はないとの覚悟が必要でしょう。
でもって、このどちらが「正しい」のかには余り興味は無く、ここでの私的なポイントはこんな感じです。
1)とにかく勝った
2)ベンチではイロイロあった(っていうかフツーあるだろ)
3)決めるのはベンチ、我々は良くも悪くも「観客」
で、ちょっと詳しく言ってみると、
1)もし山井を続投させて、9回2死から一発を喰らって岩瀬も炎上…ってなったら、また別の叩かれ方をするんだろうなと。要するに「倒れた犬は叩け」ですから。
2)こんな重要なゲームのベンチ、普通に考えて何も無い方がおかしいでしょう。そんな重圧の中で「正しい判断」をするのは、相当な心臓が必要だと思います-月末の検収(=来月の入金)がかかった受入テストの不具合を現地修正しているような感じですかね(謎
3)観客としては、日本シリーズに負けても自棄酒をあおれば何とかなりますが、ベンチ陣はそうはいきません。こっちの大記録が先かあっちの大記録が先か、そんなことを考えている訳ではなく、ここは「勝つ」ことを考えなければやってられないわけです。そこで下した判断はコレ。判断するのはベンチであって観客ではない-まして、したり顔の「ヒョーロンカ」では決して無く。
でもって、強引に技術ネタ方面に持っていくと、
後から、或いは外から「何でこんな設計/実装にしたの!馬鹿じゃねぇの!」と言って笑うのは、実に簡単な話。手間もかからず元手もいらず、面白おかしくやれば良いってなもんです。
それに対して中では、あんな重圧やこんな外的要因に悩まされながら、泥水啜り草を食み目標に向かって進んだ結果であるわけです。
結果を見てあれこれ言うのは実に簡単な話です。
で、その「内側」の人間としては、その「あれこれ言う」のを聞くのは、決して気持ちのいい話ではないと思うわけです。
そういう意味では、私は落合監督を支持するわけであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree