用済みなら処理しない-ASPネタ

一覧とか検索とか、重くなりがちな処理があります。
でもって、利用者も利用者で、気が変わったとか間違えたとか、処理終了前に閉じたり、戻ったり、違う操作をすることがあります。
でも、ウッカリすると、バックグラウンドの重い処理は動きっぱなしで、全体のパフォーマンスに影響します。
それを防ぐには、「もう用済みではないか?」というのを聞いておけばよいわけです。
Response Object の中に、IsClientConnected というプロパティがあります。これがTRUEなら「まだ入用」、FALSEなら「用済み」。
で、「用済み」といわれたら、「やーめた」といって、処理を打ち切ればよいわけです。
そんな重い処理を作らないのが大前提でしょうが、そうもいかない時には結構使えるテです。
ASPでもASP.NETでも使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree