RMS を SQL 2005 上で動かすには

RMS (Windows Rights Management Services)はSQL Server 2000又は MSDE を必要とします。
で、SQL Server 2005ではどうでしょうか?
じつは、すんなりと動いてはくれません。
で、見ると、RMSサーバー上のイベントログに例外が記録されています。
調べてみると、Microsoft US Partner Blogs の、“Fred Pullen’s Blog”に記事を見つけました。
そのものズバリ!RMS & SQL Server 2005 という記事です。
で、この記事からMSのナレッジベースに飛べます。
文書番号:913372 「SQL Server 2005で、Windows Rights Management サービス(RMS)サーバーから RMアカウント証明書が発行されない という記事です。
お困りの方はぜひどうぞ。
(私は危うくSQL Serverを入れなおすところでした。)
Thank you, Mr.Pullen!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree