イマサラなVMWareでのクローン作成時の注意点

複数の仮想マシンを用意する必要があるとき、VMWareのクローンは便利です。
基本的な環境のイメージを用意しておいて保存しておいて必要な数だけコピー。
便利な世の中になったモンです。
しかし、世の中良い話ばかりではありません。
クローン元が同じ仮想マシンを使いまわしていると、ドメインコントローラー等から怒られることがあります-ドメインに入れてもらえないのです。
これは、SID (セキュリティID)が重複するためです。
このSIDは、基本的に重複が許されないのですが、単純なクローンでは重複が発生してしまうのです。
これを回避するためには、sysprepというツールを使用します。
詳しくはコチラ:@IT Windows TIPS「sysprepで環境複製用のマスタ・イメージを作成する」 に書かれています。
注)Prepare(準備) の意味での”Prep”のようです。Grepではありません、念の為。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree