ネットワーク共有を作る

ネットワーク共有の作成スクリプトです。
単に「右クリック」→「共有とセキュリティ」で行けばよいわけですが、数が多いときとかにはスクリプトのほうが有効です。
でもって、例によってコチラ:TechNetスクリプトセンター ネットワーク共有の作成
例によって例のごとく、味も素っ気もないサンプルです。
GetObject とか”.Get(“Win32_Share”) “って辺りはオヤクソクとして、肝心な部分は”Create”しているところですね。
これの解説は、コチラ:Platform SDK: Windows Management Instrumentation Create Method of the Win32_Share Class (英語)
で、これのイミは…
第一引数:共有設定したいターゲットのパス
第二引数:共有名
第三引数:作成したい共有の種類(0=ファイル共有 1=プリンタ共有)
第四引数:最大アクセス数(省略=無制限)
第五引数:説明
第六引数:パスワード(省略可)
第七引数:セキュリティ設定(コチラを参照)
でもって返値も同じページに書いてありますね。直訳してみると…
0:成功
2:アクセスが拒否された
8:不明なエラー
9:名前が不正です
10:レベルが不正です
21:パラメータが不正です
22:共有が重複しています
23:リダイレクトされたパスです(ショートカットだと言いたいのでしょうか??)
24:不明なデバイスまたはディレクトリです(つまりフォルダが無いということでしょうか??)
25:ネットワーク名が見つかりません(うん??)
うーん、もうちょっと突っ込んだ説明が欲しいですなぁ、Microsoftさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree